借地権とはどんな権利?

借地権という言葉からもある程度想像できるように、土地の所有者に、家や建物を建てる目的で土地を借りる事をこう呼んでいます。

土地を借りた後にそこに自分たちが住む家を建てるためには、欠かせない権利です。
ただし借りた土地に何を建てるかにより、借地権の種類は変わってきます。
駐車場のように月極で、車を停めておく目的で土地を借りる場合は、借地権とはなりません。
土地を貸す場合地主の好意で、無償でOKとなっている場合も借地権とはなりません。
あくまでも借りた土地になにか建物を建てる事が条件となります。

借地権の契約が成立するにも条件があります。
賃貸契約の締結、地代(固定資産税や都市計画税以上)を払っている事が必要です。
家を建てるような場合はスペースが必要です。
自分や家族名義の土地があればそこに家を建てる事ができますが、土地を持っていないと家を建てたくても建てられる場所がありません。

こういう時に地主などに土地を借りる事ができれば、家を建てられます。
土地を借りる権利が借地権なのです。
借地権がありそこに建てた家は自分の持ち家ですが、土地はあくまでも地主のものです。

家も住んでいるうちに経年劣化が起こりますから、傷んできます。
この時土地も自分が所有しているなら、リフォームや増築の手続きも自分の都合でできます。
しかし借地権で借りた土地に家を建てている場合は、増築に関して地主の許可が必要になります。

自分の家でも借地権で土地を借りている場合は、自分勝手な行動をしないよう注意が必要です。



[特選サイト]
家や建物を建てる目的で土地を借りる借地権に関する相談ができます >>> 借地権 相談

Copyright © 2014 借地権は日常生活の中で使用される All Rights Reserved.