借地権は日常生活の中で使用される期間

借地権とは、建物を建てるための土地を他人から借りて、地代を払うという権利のことをいいます。その為、建物を建てたいけれど土地がないという方は、このような借地権を借りられる方を探してみるといいでしょう。借地権を借りるメリットとしては、固定資産税や都市計画税といった税金がかからないということ、利便性や立地条件のいい場所に土地があるというケースが多いという事といったメリットがある一方で、地代の負担があったり、所有物にはならない、第三者に売却をするのが難しいといったデメリットもあるのです。そんな日常生活の中で使用される借地権は、期間が定められるのでしょうか?契約の内容にもよるのですが、借地権は鉄筋コンクリートの場合は原則60年、当事者の合意によっては30年以上の合意した期間になることもあります。木造の場合は原則30年、豪自社合意により20年以上の期間に定められることもありますので、契約される内容が重要となるのですね。家を建てた場合には、契約期間が短いと、せっかく家を建てても土地を返却しなければならずに損をしてしまうという事にもなりかねませんので、契約をされる際には期間を重視されるようにすることをおすすめします。